バリバリ学会員と暴力的な私

短気で暴力的な私と創価学会員でちょっとブサイクで温厚?な彼は別れました。今後更新の予定はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

折伏

先日学会が理由ではないけれど、本気で彼と別れようとすごく悩んでいて、
その事を彼と話し合っている時、どんな話の流れだか何故か学会の話になってしまい、
結果的に折伏されてしまった。

「私の思考」 で書いた様に、私はどんな崇高な宗教だって信仰するつもりはないです。
それは以前彼にこう伝えた事があります。
「妄信学会員みたいに、明らかにおかしくなってしまう可能性があるのなら、私は信仰をしない道を選ぶ。だから折伏しないでほしい」と。
約束したはずなのに、それなのに、また折伏してきた彼。
確かに「約束」したんです。

恋人の大切なものを断るという事はモノは何であれ心苦しいものです。
私がそのモノに対して認めたいのに認められないのですから尚更です。
ただでさえ否定的なのにそれを断るという事は、更に否定しているという気がするから。
そしてそれを押し付けられるという、嫌悪感。

他の宗教や私の思考に対し寛容な素振りをしているけど、彼の「学会絶対唯一」はかなり染み付いている様に感じました。
だからこそ一度は約束したにも関わらず折伏してくのでしょう。
逆の立場になって考えた事もないのだと思いました。
人の幸せを考えるのならば、その人の立場に立って考える事が常では無いのでしょうか・・・
彼が言うには、嫌悪感と否定的な考えを持つ事は違うようで、
私が嫌悪感だけを抱いていていつか考えが変ってくれると思った様なんです。
(どっちにしろ嫌なモノを押し付けられるのは苦痛だと思うんですけどね。
私的にはこの時点でちょっと話にならない感じなんですが、話が拗れるのでスルーしました。)

そして私が一番聞きたくない言葉を彼が口にしました。
「否定する前にやってみろ」って・・・
私はこの言葉を聞く度に、とてつもない苦痛を感じます。
彼に言いたくない言葉を、彼に言ってはいけない言葉を吐き出しそうになる。
何度も喉から出そうになる言葉を、なんとか押し込める。
「私がやってみたら、あなたも辞めてみてくれる?」って・・・

この言葉は彼の信仰心を否定し、私の体験している苦痛を彼に感じさせてしまう事になりうるから、
彼に絶対言いたくなかったし、言ってはいけないと思っていました。

何度も何度も説明しました。
嫌悪感を抱いているものを押し付けられる苦しみを。
恋人が大切にしているモノを否定する苦痛を。
しかし「学会絶対唯一」の彼に、それは理解し難いもののようでした。
結果的に「あなたも辞めてみてくれる?」を彼が先に気付いたようで言わずに済みましたが、
私はそれを肯定したのでそれを口にしたも同然です。

最後に彼は小さく寂しげな声で「分かった」と言い二度と折伏しないと約束してくれました。
しかしその声から、彼の落胆する姿が、簡単に想像できました。
宗教に対して否定的ではありますが、彼の信仰心までは否定したくなかった。
しかし私は否定したと同然なんです。それは私自身にもすごく悲しい事です。
それでも私は「今の自分の信念」を変えるつもりはありません。
彼の唯一のプライドというか、大切な信仰心を傷つけてしまい、一つ罪を背負った気がしました。


彼がこの一件で私の折伏を諦めてくれたなら、別れる事もそう遠くない未来なのかもしれません。
もしくはまだ淡い期待を抱いているかもしれません。
スポンサーサイト
  1. 2006/03/28(火) 00:14:34|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

私の思考

最近私の宗教観?が固まってきた様に感じます。
宗教観って言っていいのか分からないのですが。


前にも書いた様に宗教界全体に対して、否定的な考えを持っています。
どんな宗教でも、学べる事が沢山あると思います。
ためになる事が沢山あるでしょう。それは良い事だと思います。
しかし、私は一つの宗教にこだわったりするのは嫌です。
その宗教によって価値観や思想を決められてしまいそうだから。
それしか見えなくなるのは絶対に嫌です。
そうじゃない場合もあるかと思いますが、少なからず、そういう可能性があると思うから。
色んな方面からの影響を受けているけど、その中で切磋琢磨し、
私は「私」という考えを確立し、「私」という考えを持った人間になりたい。
そういう信念を持って生きていきたい。
だからどんな崇高な宗教だって、私は信仰する気はありません。

だからと言ってそれを全く受け入れないというのは、私自身の成長を妨げる事になりかねないですし、
今までの排他的な性格も少しだけ直さないといけないかなとも思いますし、良い所だけ学べたら、と思います。


私の価値観から見て、学会教義は間違っているように感じます。飽くまで私の価値観から見て、です。
しかし学会教義から見たら、そんな私も間違っているのでしょう。
学会員さんだってアンチだって、人間は人それぞれの価値観を持っています。
したがって、世の中何が正しいとは言えないと思うんです。
私にとってはコレが正しい。あの人にとってはアレが正しい。そういうもんだと思うんです。
道徳的な事はもちろん別として。
私は私の価値観によって、攻撃的で排他的で選民的だと思われる学会教義は間違っていると思いますから
こういった面から言っても私は信仰するつもりはありません。
ただ、間違ってると言っても学会員さんがやってる信仰を否定するつもりは無く、
正しいと思っているならやれば迷惑掛けずにやればいいというか・・・
互いに尊重し合えればOKなのか・・・
う~ん、上手く伝えられる言葉が出てきません。あとで修正するかも。


嫌悪感も、もちろんかなりあります。
大部分が所謂妄信学会員さんの影響ですが、学会員(信仰者)の嫌な部分を見せ付けられてしまいました。
その人の全てが「嫌な学会員」ではないとは当然分かっています。
しかし、それがあまりに衝撃的でショックだったんです。
「彼の同志はこれなのか?」って。
その事により私の嫌悪感が増長しました。妄信学会員さんの影に全学会員を見た気がしてしまったんです。
彼だっていつもは良い人だけど、本当はこう思ってるんじゃないかとかって。疑いの目で見てしまうんです。
嫌悪感―生理的に受け付けないといった感じでしょうか。

あとね、大昔の人が言ってることなんて私には信じにくいし、どうでもいいんです。
神や仏とかいうのも、人間が勝手に作り上げた存在だと思ってます。
「釈尊がこう言ってた」だって大昔の事なんだから、紆余曲折してもしかしたら全く逆の事言ってたかもしれないし。
願いが叶うとかいった事も、後からいくらでも理由付け出来る事です。
「祈れば何でも願いが叶う」と言ったって、叶わない事も実際あります。
しかしそれは長い目で見れば、「自分のためになる」という事らしいです。(彼情報)
私はそういうのは「願いが叶った」とは言わないと思います。
だって望んだ事が叶っていないから。
時が経って「あれでよかったんだ」なんて、自分を納得させてるだけだと思います。
あくまで、私の意見ですよ。
それも要は信じれるか否か、だと思います。
私は信じられないという事だけで、他人がそれを信じようがどうでもいい事です。


アンチを見下したり哀れだと思ってらっしゃる方も多々いらっしゃる様ですが、
学会員さんもそうだと思いますがそうやって一括りにされたくないです。
学会員さんと同じ様に自分の信念持ってる方だっていらっしゃいます。
信念を信仰に置き換えて考えてみてください。
私たちアンチだって、何も考えてない訳じゃないです。
ネットに逃げに来てるだけじゃないです。
周りに相談できない内容だからこうやって来てます。学会員さんが会合をやる様に、幹部に相談する様に。

どんな人だって、なんの宗教やってたって、やってなくったって、誰だって信念(信仰)持ってると思います。
それを見下したり、これが唯一正しいと押し付けられる事は、その人を踏みにじる事と一緒だと思うんです。

信仰を持っているから偉い、持ってないから可哀相。
学会員だから幸せになれる、邪教だから不幸せ。
そういう事じゃないと思います。
重要なのは宗教も宗派も関係なく、
どこまで自分を高められるか、誰かの為に何がどこまで出来るか。
そういう事なんじゃないかなぁ。


とりあえず今はこんな風に考えてます。
全く纏まりのない文章ですけど、とりあえずUPしちゃおう。

  1. 2006/03/14(火) 14:51:09|
  2. My Silly Talk/戯言|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。