バリバリ学会員と暴力的な私

短気で暴力的な私と創価学会員でちょっとブサイクで温厚?な彼は別れました。今後更新の予定はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

フルーツスキャンダル

皆さんお久しぶりです^^;
変なタイトルですが特に意味はありませんwww


季節柄?最近は外で遊ぶ機会が増え、ネットの時間が取れなくなってきてしまいました。
言いたい事、考えてる事はいっぱいあるのに最近はそんな事全然書いていないんですよね。
私と彼の最後を迎えようとしてたから、仕方ないといえば仕方ないんですけどね。


さてさて、しばらくぶりの今日は彼との最後の日について書きます。
そう、私たち終わりました。
終わらせたって表現の方が正しいかな。


ちょっと前に彼がしきりに「連絡ちょうだい」って言っている時期が少しあって
特に気にはしていなかったんですが、どうやらここを見たらしくて。

スペアの事です。

その頃ちょっと体調を崩してしまい彼に連絡が出来ずにいたのですが
たまたま電話が会った日、体調が戻りつつあったので近所で会うことにしました。

彼はすごく怒っていました。
スペアの事が許せないと言っていました。まだそういった関係ではないけど、私の事を好意的に思っているという事すら許せないと。
すごい形相で「絶対に許さないから」と言われました。スペアの事なのか、私の事なのかは分かりませんが。

でもそれって、怒る所違うと思ったんです。
スペアの事は怒って当然の事だとは思っていますよ。

だけどそれと今回別れる事とは別問題。
スペアがいようがいまいが、私は別れようと思っていたんだから。
怒るなら自分の不甲斐なさに怒れよ、と思ったわけです。

まぁそれを言った所で怒りが収まるわけではないんですが。

そしたらスペアが別れの原因なんじゃなければ自分が問題なくなれば別れなくて済むと考えたようで
別れないの一点張り。

確かにその通りなんです。
私が嫌な活動辞めてくれれば済むんです。

だけど活動家なだけにまた元に戻るんじゃないかと思ってしまう事は皆さんにもお分かり頂けると思います。
部長という組織から抜けるには難しい立場ですし。

そしてなによりも「何故今更なのか」が分かりません。
今まで何度も何度も問題を投げかけ、何とか2人の問題として考えてもらおうと努力してきたつもりです。
幾度となくこの私が彼の前で辛いと泣き訴えてきました。
今までだって別れようと思うという事は彼に何度か伝えてきたんです。
それなのに、何故今更そんな事を言うんでしょう。
どうしてそれをもっと前に言ってくれなかったんでしょう。

私はもう、別れると決めてしまいました。
一度は彼とヨリを戻そうと思いましたが、それでは何も変わらない。だから別れると今一度決めました。

「また戻るかもしれない」なんて事言ってたら、何も出来ないのも分かってる。
やらなきゃわからないなんて事、言われないでも分かってる。
それでも怖くて、もうあんなに辛い想いをするのは絶対に嫌で・・・

彼は、遅すぎました。


彼の目からは涙が溢れていました。
時折、どこにもぶつけられない怒りを抑えるような仕草をしました。

しばらくして、泣き出しそうになるのを堪えた様子で「ありがとう」とだけ言って私の前から去りました。
私は何も言えず、タバコを1本吸ってそこを後にしました。



翌日、彼からメールがありました。
1年後、仕事を決め活動に決着をつけ、私を迎えに来れるような人間になって迎えに来るそうです。
返信はしていません。何て返していいか分からなくて、そのままになってしまっています。

彼は1年後に向けて頑張っていくそうです。
1年後どうなるか分かりませんが、その時はちゃんと「人と人」で向き合えたらいいなと思っています。


こうして、私たちは終わりました。
今は肩の荷が下りて楽な気持ちです。


そしてこのブログも終わりです。
このブログは私と彼がどうやって付き合っていくかが(一応)テーマだったので。

約1年1ヶ月位でしょうか?
その間こんな私のこんなブログに少しでもお付き合い頂いた方々に
感謝してもしきれないくらいに感謝の気持ちでいっぱいです。
本当に本当にありがとうございました。

このブログは私の記録として残しておくつもりです。でも私はネットから居なくなるわけではありません。
まだまだ未熟なこんな私ですが、皆様方これからもどうぞよろしくお願い致します^^


2006年8月22日
まり
スポンサーサイト

  1. 2006/08/22(火) 16:54:03|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。