バリバリ学会員と暴力的な私

短気で暴力的な私と創価学会員でちょっとブサイクで温厚?な彼は別れました。今後更新の予定はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

しばらく~その後

私は「恋愛第一主義」です。
「私にとって彼が全て」とまでは言いませんが、
彼は私の中で何よりも優先されます。(当たり前だけど仕事は別ね。それ位好きって事!)
だって彼が大好きだから。
相手にもそれを求めるのは、ワガママだと思うけど。

彼の中に私がいない様に思ったんです。
私はこんなに好きなのに、彼は違うって思ってしまって
悲しくて悲しくて、しょうがなかった。ショックだったんです。

そしたら、何も言えなくなってしまったんです。

そして「しばらく」を書いた後、彼と会いました。

付き合っていく自信がない事、
少し距離を置いて考えたいって事を伝えました。
(ここから少し記憶がこんがらがっているので、メチャクチャだと思います。すみません)

彼は、「距離を置いたら私が別れたいって少しでも思ってるのにもっと離れちゃう」って
距離を置く事に反対しました。
で、じゃあ距離を置かずにどうやって解決できるか話し合いました。
でも彼の口ぶりはまるで私を責めている様に感じました。
いつもそう。本人はそんな積もりはないんだろうけど。
私がどれだけ傷ついてるか分かってたら、あんな言い方しないと思うんだけどな。
「なんで責められなきゃいけないのかな。
別に「議論」がしたい訳じゃないのに。
私はただ彼と一緒に考えたかっただけなんだけどな。
難しい言葉で色々言われても、頭がこんがらがっちゃって、
言いたい事の半分も言えなくなっちゃうよ。」

そう思ったら、また何も言えなくなって泣いてしまいました。

泣き疲れていつの間にか寝てしまい、気付いたらベットに運んでいてくれて
また寝入るまで側にいてくれました。

朝起きたら、枕元に置手紙がありました。
「昨日は泣かせちゃってごめんね。
まりちゃんの言ったように距離を置いて考えます。」

そう書かれていました。

選挙が終るまで、距離を置く事になりました。
約2週間、自分で色々考える時間ができました。
スポンサーサイト

  1. 2005/08/30(火) 00:28:47|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。