バリバリ学会員と暴力的な私

短気で暴力的な私と創価学会員でちょっとブサイクで温厚?な彼は別れました。今後更新の予定はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

もう一人の私

「学会員の恋愛観」は少し話がずれてしまいました。
こうやって書いてれば文章書くの上手くなるかなと思ったものの上手くいかず・・・(汗)

ふゆさんへのコメントに書いた事なんですが、私の中には「もう一人の私」がいます。
今日は「私」について、少し書こうと思います。

「もう一人の私」も自分なんだと受け入れてはいますが、「もう一人の私」は嫌いです。
だって冷めてるから。多分誰しもが「もう一人の自分」を感じながら生きている事と思うけど。

「もう一人の私」は、自分一人がよければそれでいいと思っています。
世の中なんてどうでもいいんです。
毎日世界のどこかで誰かが死んでる。それは悲しいと感じる事が出来るけど、
私に何かが出来る訳じゃないし、結局他人事だし。
日本なんかどうでもいいんです。政治なんかどうでもいい。
私が選挙に行ったところで直接どうなる訳でもないし、
皆投票に行ったところで、どうせ政治家は悪い事ばっかしてんだろ?って思うし。
どうにかなんだろ。とか思ってます。
何かに感動してる人を「何泣いてんの?」って目で見ます。
「私」も含め、周りの人がみんな偽善者と見ます。
だから学会なんてみんな偽善だと言います。

彼との事だって、「もう一人の私」は「早く別れろ」と言います。
「このまま付き合ってたって、どうせ自分が傷つくだけだよ」
「早く別れて違う男見つけたほうが幸せになれるよ」
「別れたほうが楽になれるよ」
私にそう言ってきます。

でも、こんな「私」嫌いなんです。
そんな「冷めた私」になりたくない。そんな「私」いらない。
いつも「もう一人の私」と頭の中で戦っています。

「そんな事ない!私だってみんなが幸せになればいいと思う!」
「私は彼と絶対に別れない!!」
「私だって、私だって・・・」
なのに「もう一人の私」は黙っていてくれません。

でも「もう一人の私」がいるからこそ、「私だって!」って思えたり、
感動する事ができたり、頑張れたりします。(意地張ってるだけ?)
そういう意味では「もう一人の私」は「大切な事を気づかせてくれる人」
なのかもしれません。だから嫌いだけど受け入れています。

みなさんも「もう一人の自分」との間で葛藤したりしますか?
こんな事感じるのは私一人じゃないですよね??
スポンサーサイト

  1. 2005/09/07(水) 23:36:42|
  2. Undifferentiation/未分類|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。