バリバリ学会員と暴力的な私

短気で暴力的な私と創価学会員でちょっとブサイクで温厚?な彼は別れました。今後更新の予定はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

非学会員と付き合うという事

皆様、もうすっかり秋でございます
昼は熱いのに、夜は寒いです。とっても迷惑です。
だって、タンクが制服な勢いでタンク着倒してるんですが
夜になると寒くて、その調節が難しいんですもん。
もうすぐ私の大好きなタンクが着れなくなる時期が来るのね。
さようなら、myタンク・・・また来年着てあげるね・・・

なんだか意味が分からないで出だしだ・・・( ̄Д ̄;;
いやー、タンク大好きなんで・・・タンス一段埋まる位タンクがありますw

んで、本題なんですが。
コメントで少し触れたんですけどね、彼は女子部の子は同士としか思えないらしいです。
女として差別される様な事は許せなくてちょっとムカついたのですが、
内部はそれが当たり前??みたいな感じなんですね。
「同じ仕事場の人は恋愛対象じゃない」のと一緒の感覚なのかな。
でも私と彼は同じ職場だったけどね(`ε´)ぶーぶー

話が逸れてしまった・・・
まぁそもそも女子部との出会いもあまりなく、女子部の子と付き合った事がないんだとか。
だから今まで付き合ってきた子はみんな非学会員なんだとか。
で、なんと今まで付き合ってきた子に一度も創価批判された事もないんだとか。
こんなに口うるさく言うのは私が初めてなんだとか。

とりあえず私の事はさておき、って事は、もし私と別れても非学会員と付き合うという事です。
彼は私を長い付き合いの中でゆくゆくは折伏できればと言ってます。
彼がどう思ってるか分からないですが、それってゆくゆくは分かってもらいたいって事じゃないかな?
じゃ、もう理解できそうもないから別れるって事になったら、次付き合う非学会員の子も
ゆくゆくは折伏するのかな?その子が理解を示してくれたらいいが、拒絶さてれしまったら
どうするのだろう。そういう事を繰り返してしまうのかな。

非学会員が学会員と別れるという事は、それと同時に二度と学会員とは関わらない・関わりたくない
という事です。経験してないから、確実とは言えないですがほとんどの人がそうなんじゃないかと思います。
私は「恋人は創価学会員」という掲示板で、数多くの悲しい出来事を見てきました。
もちろん、その他の掲示板などでも同じ事が沢山起きてます。その多くの人が、学会員と付き合った
結婚した事により、深く傷つき、中にはトラウマを抱えてしまう方もいらっしゃいます。
学会員は、非学会員と別れたらそれ自体は悲しい事だけど次に付き合う子は学会員か非学会員か選ぶ事ができる。たまたま好きになった子が学会員だったらいいでしょうね。(ちょっと極端だけど)
だけど、非学会員はそうはいきません。
一体誰が学会員か分からない世の中で生きていくんです。ビクビクしながら。
「好きになった人が学会員だったらどうしよう。でも聞く事も出来ない」そういう想いを抱えながら。

また、その反対もあるかもしれません。非学会員と付き合ったことによって理解されない苦しみを味わったりとか、
別れたら非学会員と付き合うことを恐れてしまうかもしれません。

そんな事あってはいけないんです。そんな悲劇はあってはいけないんです。
理解できない・理解されない苦しみから逃れる為に別れたのに、
何故、別れた後でまで苦しみながら生きていかなくてはいけないのか。
一方で学会員はのうのうと活動を繰り返していく。その一方で非学会員は学会批判をしていく。
なんだか悪循環ですね。

今日書いた事はちょっと極端かもしれません。
みんながみんなこういう状況になっている訳じゃないですからね。
でも、こういう事もあるのも事実です。私の勝手ですがこれ以上悲しい出来事を見たくないんです。
私も出来る事ならば経験したくないです。もし別れてしまっても、彼が次に付き合う非学会員の子にはそんな経験させたくない。彼にも同じ悲劇を繰り返させたくないんです。
だからと言って具体的な解決策もわからないんですが、とにかくそんな事もうイヤなんです。

お互いが傷つくのであれば、そんな宗教最初からいらないって思ってしまいます。
でも学会員さんはいくらか救われるかな?ご本尊に向かって祈れば願いが叶うからね。
願いが叶うならば、元々こんな悲劇最初から起きないと思うけど・・・
アレ?なんで悲劇は起きるんでしょう?願いが叶うはずなのに。
スポンサーサイト

  1. 2005/09/17(土) 21:21:38|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。