バリバリ学会員と暴力的な私

短気で暴力的な私と創価学会員でちょっとブサイクで温厚?な彼は別れました。今後更新の予定はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いぬたま

って言っても日曜日の事なんで、正確には昨日なんですが(汗)


今日はお互い夜は予定があったので(私は新年会。彼は会合。)昼間に「いぬたま」に行こうと、彼と約束してました。
二子玉川にある犬のテーマパークで、園内で好きな子選んでお散歩できたり、大好きな犬と触れ合える所です。
私の家はずっとマンション暮らしでペットが今まで飼えず、今は一応ペット可なんですが昼間は誰も居なくなるので、
1匹残して出掛けるのは心苦しいとの母の意見で、飼いたいのはやまやまなのですが飼えずにいます。
犬が大好きなので何年も前から行きたいなぁと思っていたのに、私の住む地域からは行きづらい事もあり、今までなかなか行けませんでした。
そして今日、そんな私の夢のテーマパークが閉園となる事になりました。

ずっと行きたかったいぬたま。夢にまで見たいぬたま。
今日を逃したら、もう二度と、行ける事はありません。

昨日の事。
待ち合わせの時間とか決めてなかったし、彼に会いたかったから彼が仕事終わるのを家で待っていたら彼からメールが!

「風邪で具合悪くて早退しました。ものもらいまでうつされました。明日までに必ず治します」



ハァ?



そして今日の朝のメール。
「まりちゃん今日はごめんなさい。かわりに犬のレンタルの店見つけたから今度行こうね」



ハァ??
見事に風邪をひいてくれやがって、この野朗。



もうね、本当にがっかりですよ。
まぁね、仕方ないのは分かってるんです。彼も疲れてたんだと思うんですよ。
でも学会員さんは生命力がすごいらしいのに何でだろうなーとか思うんすけどね。
魔なんじゃないすか、魔。信心足りないんじゃないすかねぇ。

そんな彼責めたって何にも変りませんよ。それは分かってる。
でも結局行けないのよ、いぬたま。あんなに楽しみにしてた、いぬたま。もう二度と、いぬたまには行けないのよ。
何故このタイミングで風邪をひくのか・・・本当にがっかりしすぎて涙が出ましたよ。
そんな状態で何かしら返事をしたら、彼を責めたり厭味な事言ったりするのは分かっていたし、十分な休息が彼には必要なのだからメールの返事はしませんでした。

んでイライラしつつ昼間はひたすらゲームをし、夜は会社の忘年会へ。

忘年会の帰り道、彼から電話がありました。
もちろん私の機嫌は不機嫌。しかも限りなくMAXに近い。だって、いぬたま行けなかったんだもの。(←けっこう根に持つタイプね)
えぇ、案の定責めましたよ。「責めても仕方がない」とか言いつつ責めましたとも。だって彼以外にこの怒りをどこにぶつけようと言うのか。
いつもよりは控えめだったとは思いますけど。で少し気を持ち直して、今日の会合行ったのか聞きました。
まさかねぇ、私と出掛けられなかったのに会合なんて行ける訳がないよねぇ。あぁ?
と思ったら「車で連れてってもらいました」だと。
どの面下げて「会合行った」とか言えんだよ、オラ。ってか具合悪いクセに外出してんじゃねぇよ。私と出掛けられなかったクセに。
「そんなの言わなきゃ分からない」は通用しません。なぜなら彼は私が不機嫌なの分かってたはずですから。

もう脱力ですね。ホント、人が誰の身体の心配してると思ってるんだかねぇ。もう二度とアンタの心配なんかしないからね。彼が寝込んでる時に大いに遊んでやる。ここぞとばかりに朝帰りしてやる。

今日の穴埋めか私のご機嫌取りか、明日のお昼休みにご飯に誘ってきた。
もちろん不機嫌MAXの私は断りました。仕方がないじゃん、気が乗らないんだもん。
それにねぇ、この私がわざわざ出向いて、誘われてるのにお金を払うんだから。すいませんね、不機嫌なもんで表現がこんなんで。
あと「来週は見つけた犬のレンタルのお店に行こう」と言われたけど、「二度と行けないいぬたまの代わりにはならないんだよ」なんて思ってしまい、これも気が乗らず断りました。
更にいつもの事なんですが、電話越しの彼の声が小さくて本当に聞こえにくくて、不機嫌MAXだからいつもよりすごいイライラして、本当にブチキレるかと思いましたよ。

最後は一応体調を気遣い早く寝る事を促し電話を切りました。
こんな状況なのに彼を気遣ってあげられるなんて、私ってばなんて優しいのかしら。ほんと、人の気も知らずに会合行ったどっかの誰かさんとは大違いだわ。


私だってこれ以上怒ったって仕方がないの分かってるんです。
「小さい人間だ」と思われるかもしれないけど、本当に本当に行きたかったんです。夢にまで見たいぬたまだったんです。
「もう二度と行けない」のは本当に悔しい。これは私の中で尾を引きそうです。そしてそんな中会合に行った彼に対しても。
スポンサーサイト

  1. 2006/01/09(月) 05:34:07|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。