バリバリ学会員と暴力的な私

短気で暴力的な私と創価学会員でちょっとブサイクで温厚?な彼は別れました。今後更新の予定はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

折伏

先日学会が理由ではないけれど、本気で彼と別れようとすごく悩んでいて、
その事を彼と話し合っている時、どんな話の流れだか何故か学会の話になってしまい、
結果的に折伏されてしまった。

「私の思考」 で書いた様に、私はどんな崇高な宗教だって信仰するつもりはないです。
それは以前彼にこう伝えた事があります。
「妄信学会員みたいに、明らかにおかしくなってしまう可能性があるのなら、私は信仰をしない道を選ぶ。だから折伏しないでほしい」と。
約束したはずなのに、それなのに、また折伏してきた彼。
確かに「約束」したんです。

恋人の大切なものを断るという事はモノは何であれ心苦しいものです。
私がそのモノに対して認めたいのに認められないのですから尚更です。
ただでさえ否定的なのにそれを断るという事は、更に否定しているという気がするから。
そしてそれを押し付けられるという、嫌悪感。

他の宗教や私の思考に対し寛容な素振りをしているけど、彼の「学会絶対唯一」はかなり染み付いている様に感じました。
だからこそ一度は約束したにも関わらず折伏してくのでしょう。
逆の立場になって考えた事もないのだと思いました。
人の幸せを考えるのならば、その人の立場に立って考える事が常では無いのでしょうか・・・
彼が言うには、嫌悪感と否定的な考えを持つ事は違うようで、
私が嫌悪感だけを抱いていていつか考えが変ってくれると思った様なんです。
(どっちにしろ嫌なモノを押し付けられるのは苦痛だと思うんですけどね。
私的にはこの時点でちょっと話にならない感じなんですが、話が拗れるのでスルーしました。)

そして私が一番聞きたくない言葉を彼が口にしました。
「否定する前にやってみろ」って・・・
私はこの言葉を聞く度に、とてつもない苦痛を感じます。
彼に言いたくない言葉を、彼に言ってはいけない言葉を吐き出しそうになる。
何度も喉から出そうになる言葉を、なんとか押し込める。
「私がやってみたら、あなたも辞めてみてくれる?」って・・・

この言葉は彼の信仰心を否定し、私の体験している苦痛を彼に感じさせてしまう事になりうるから、
彼に絶対言いたくなかったし、言ってはいけないと思っていました。

何度も何度も説明しました。
嫌悪感を抱いているものを押し付けられる苦しみを。
恋人が大切にしているモノを否定する苦痛を。
しかし「学会絶対唯一」の彼に、それは理解し難いもののようでした。
結果的に「あなたも辞めてみてくれる?」を彼が先に気付いたようで言わずに済みましたが、
私はそれを肯定したのでそれを口にしたも同然です。

最後に彼は小さく寂しげな声で「分かった」と言い二度と折伏しないと約束してくれました。
しかしその声から、彼の落胆する姿が、簡単に想像できました。
宗教に対して否定的ではありますが、彼の信仰心までは否定したくなかった。
しかし私は否定したと同然なんです。それは私自身にもすごく悲しい事です。
それでも私は「今の自分の信念」を変えるつもりはありません。
彼の唯一のプライドというか、大切な信仰心を傷つけてしまい、一つ罪を背負った気がしました。


彼がこの一件で私の折伏を諦めてくれたなら、別れる事もそう遠くない未来なのかもしれません。
もしくはまだ淡い期待を抱いているかもしれません。
スポンサーサイト

  1. 2006/03/28(火) 00:14:34|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。