バリバリ学会員と暴力的な私

短気で暴力的な私と創価学会員でちょっとブサイクで温厚?な彼は別れました。今後更新の予定はありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

土曜の夜

みなさん、週末は雨模様でしたがいかがお過ごしだったでしょうか?
私は友人と銀座にお出かけをしてとっても楽しい時間が過ごせました。


さてさて、コメントを沢山頂きましたが少し進展といいますか、あったんで先にその報告をさせて頂きたいと思います。



土曜日の夜、お酒を飲んでいい気分になった彼が私の家の近くまで来ているという電話がありました。
追い返すのもかわいそうなのでうちの下で会いました。

最近の私の冷たい態度を察知してなのでしょうか。
やたら「まりちゃん好き!」というのを前面に出す事が増えてきました。
この日もお酒のせいかそんな感じでした。
それなのに冷たい私。当然「好きじゃないの?」と彼は思うわけです。

彼の中で私は100点なんだそうで。私にも同様に求めるわけで。
彼は「少なくとも80点かな?」とか言ってたけど、私の中ではもう30点くらい?赤点ギリギリなんですよね。
口にはしませんでしたが。
彼は自分で90点だと思ってたらしいです。
-10点は何かというと「顔が悪いのと背が低いの」だそうで。






・・・・・私の今までの涙の訴えはどこへ??
学会の事は、私にとってマイナスにはならないと?






鬱になるくらい苦しかったんですけど。
毎日の様に泣いて訴えたんですけど。
どんな宗教もやらねぇと思うくらい嫌になったんですけど。
もうね、話にならないんですよ。やっぱ脳内変換されてるんですかねー。

悔しいから「変な宗教やってるからマイナスだよ!」って言ってやったんですけどね。

しかも活動も辞めたくないし私とも別れたくないと、なんともワガママな事を言い出す始末。
更に言い訳。「どこからが活動なのかがわからない」
「学会の話すると折伏になっちゃうから・・・」


・・・(゚Д゚)ハァ? 子供かお前は。


そういうのを自分で考えもしないところがムカつく。
何で私に聞くんだっての。
解決法くらい自分で考えろよ。ホントに思考停止してんだね。

自分に都合の悪い事は考えない、もしくは考えられないんでしょうね。
うわー、MCだわ。
私と一緒にいたいのなら、問題を解決する事が必要不可欠でしょうに。
それが何よりも大切な事だったのに。
私が特にこの1年訴えてきた事です。それがほんの一かけらも伝わってなかったんですね。
私の伝え方が悪かったのでしょうか。
気持ちをよりよく伝えるため、このブログの存在も教えましたが見てないし。
何度も何度も、言い聞かせるのではなく問題提起をしてきたつもりでしたが、
結局なにもかもがムダだったわけですね。

2年間の努力は水の泡です。
まぁ、よく考えれば彼が問題解決の為に何かしてくれた事なんて一切ないですからね。
あ~、もっと早く気付けばよかった。自分の意地っ張りな所が仇になったんだわw


このまま心を閉じた状態で付き合っていくことは難しいと説明しました。
付き合っててもいいけど、いつか別れると。

別れたくないなら、名誉挽回してみればと言いましたがきっと無理でしょう。
今までの彼から考えて、問題解決力不足しすぎですからねぇ。
別れるのも時間の問題です。

うなだれる彼を見て、なんとかしようとは思いませんでした。
かわいそうとも、思いませんでした。
気持ちが別れる方向に傾いているからだと思います。
彼を見る私の目は冷ややかだったに違いありません。
  1. 2006/06/12(月) 17:04:30|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

最近の状況

日記の方のコメントでもちらちら書いてますが、最近の私は少し投げやり・諦め気味です。
「臭いものに蓋」状態。
でも、それも自らを守る為です。

彼と付き合い始めて、今月で2年になります。
短い人生の中で一番、色々な意味で考えさせられた2年でした。
そして、一番敗北感を感じた2年でした。

最近は、もう彼をどうこうしようとは考えなくなりました。
考えたって無駄だから。考えるだけ疲れるし、どうにもならないし。
私が一生懸命相互理解を求めたって、それすら儘ならない。
結局いつも私が傷ついて終わるだけだから。

それならいっそ、彼に心を閉ざしてしまおうと思ったんです。
彼の言動に一喜一憂するのは悔しいし。
彼を好きな気持ちも、学会に対する不満も、何もかも隠してしまおうって。
そしたら、彼には傷付けられる事も裏切られる事もないから。
彼には「最近冷たい」と言われますがw

こんな結果は私も、きっと彼も求めてはいなかったと思いますが
これが一番平和に過ごせる対処法なんだと、最近感じています。

何か学会関連で刺激されない限り大人しくしていますが
心を閉ざしているせいか、その奥では学会に対する憎悪が以前にも増して渦巻いてしまって
背筋を伝って上ってくるのが分かるんです。
自分自身すごく悲しいです。

でも、上辺だけだけどやっぱりこれが一番平和なんですね。

悲しい事ですが、これで別れる事になっても仕方ないと思っています。
  1. 2006/06/02(金) 16:04:19|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

お寺さん

私が暮らしている地区には、日蓮さんのお寺があります。
お寺の存在は知ってたけどそれが日蓮さんが最初に建てたもので、けっこう有名らしいと知ったのは最近。
正確には建てたというか、逃げた先の人が日蓮さんの弟子になって自宅を寺にしたとか、なんとかかんとか。
母校がその近くで、そういえば、近くの川で日蓮宗の伝統行事とかやってた。
重要文化財にも指定されてるし、歴史的建造物としても見る価値がありそうな所です。

このお寺さんが日蓮宗のどの宗派かは知らないけど、きっと学会の人は行かないんだろうな。
彼になんとなく聞いてみました。宗派が違うと行かないらしいです。
信仰者にしてみれば愚問だったかもしれないけどw

宗教ド素人の私にしてみれば、日蓮さんが最初に作った?お寺ってだけでありがた~い様な、そんな感じがするんですけど。
そのお寺で日蓮さんに想いを馳せる、とか。今時の日本人って感じかな。

宗派違うからって、なんかもったいないなぁって、すごく思った。
開祖の日蓮さん由来の場所なのになぁ。

  1. 2006/05/16(火) 16:34:30|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

高校時代の同級生

先日、高校時代の友人と会った時なんでだか学会の話になって
違うクラスの子なんだけど同級生が学会員だって事を知りました。
そこで挙がったのは2人だったんだけど、私個人は卒業してからは連絡とってないし、
ってか1人は嫌いな子なんで(笑)別にいいんだけど。

その2人は友人達に選挙の時投票依頼とかしてたらしい。
特に仲良くもないのに手紙送ってきたり家に来たりとか。

高校の頃はそんな臭いしなかったのに、卒業して成人したらいきなりそれですか・・・orz
友人達もビックリってか、引いてたけど。
まぁ、一般人の反応ってそんなもんですよね。

2人の内の1人は地元が隣なのに何で私の所に来ないのかな~。
私の所に来たら返り討ちにしてくれるのに( ̄ー ̄)ニヤリッ
あっ 私引っ越したんだったw
そっか、卒アルに現住所載ってないと来ないんだな。

  1. 2006/04/26(水) 12:37:24|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

折伏

先日学会が理由ではないけれど、本気で彼と別れようとすごく悩んでいて、
その事を彼と話し合っている時、どんな話の流れだか何故か学会の話になってしまい、
結果的に折伏されてしまった。

「私の思考」 で書いた様に、私はどんな崇高な宗教だって信仰するつもりはないです。
それは以前彼にこう伝えた事があります。
「妄信学会員みたいに、明らかにおかしくなってしまう可能性があるのなら、私は信仰をしない道を選ぶ。だから折伏しないでほしい」と。
約束したはずなのに、それなのに、また折伏してきた彼。
確かに「約束」したんです。

恋人の大切なものを断るという事はモノは何であれ心苦しいものです。
私がそのモノに対して認めたいのに認められないのですから尚更です。
ただでさえ否定的なのにそれを断るという事は、更に否定しているという気がするから。
そしてそれを押し付けられるという、嫌悪感。

他の宗教や私の思考に対し寛容な素振りをしているけど、彼の「学会絶対唯一」はかなり染み付いている様に感じました。
だからこそ一度は約束したにも関わらず折伏してくのでしょう。
逆の立場になって考えた事もないのだと思いました。
人の幸せを考えるのならば、その人の立場に立って考える事が常では無いのでしょうか・・・
彼が言うには、嫌悪感と否定的な考えを持つ事は違うようで、
私が嫌悪感だけを抱いていていつか考えが変ってくれると思った様なんです。
(どっちにしろ嫌なモノを押し付けられるのは苦痛だと思うんですけどね。
私的にはこの時点でちょっと話にならない感じなんですが、話が拗れるのでスルーしました。)

そして私が一番聞きたくない言葉を彼が口にしました。
「否定する前にやってみろ」って・・・
私はこの言葉を聞く度に、とてつもない苦痛を感じます。
彼に言いたくない言葉を、彼に言ってはいけない言葉を吐き出しそうになる。
何度も喉から出そうになる言葉を、なんとか押し込める。
「私がやってみたら、あなたも辞めてみてくれる?」って・・・

この言葉は彼の信仰心を否定し、私の体験している苦痛を彼に感じさせてしまう事になりうるから、
彼に絶対言いたくなかったし、言ってはいけないと思っていました。

何度も何度も説明しました。
嫌悪感を抱いているものを押し付けられる苦しみを。
恋人が大切にしているモノを否定する苦痛を。
しかし「学会絶対唯一」の彼に、それは理解し難いもののようでした。
結果的に「あなたも辞めてみてくれる?」を彼が先に気付いたようで言わずに済みましたが、
私はそれを肯定したのでそれを口にしたも同然です。

最後に彼は小さく寂しげな声で「分かった」と言い二度と折伏しないと約束してくれました。
しかしその声から、彼の落胆する姿が、簡単に想像できました。
宗教に対して否定的ではありますが、彼の信仰心までは否定したくなかった。
しかし私は否定したと同然なんです。それは私自身にもすごく悲しい事です。
それでも私は「今の自分の信念」を変えるつもりはありません。
彼の唯一のプライドというか、大切な信仰心を傷つけてしまい、一つ罪を背負った気がしました。


彼がこの一件で私の折伏を諦めてくれたなら、別れる事もそう遠くない未来なのかもしれません。
もしくはまだ淡い期待を抱いているかもしれません。
  1. 2006/03/28(火) 00:14:34|
  2. About Sokagakkai/創価学会|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
←前のページ | ホーム | 次のページ→
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。